宇和島青年会議所とは?

うわじま創造委員会 事業計画

Be Prepared

うわじま創造委員会 委員長  白石 雅史

西日本豪雨災害で被災した私たちは、災害に対する認識を根本から見直す時に来ています。市民が「自分のまちは自分で守る」という想いに立ち、一人一人の防災意識を培い、人と人との繋がりの重要性を認識し、地域を守り、継承していく人材を確保・育成し、地域全体が活力を持って復興や発展を担っていかなければなりません。

まずは、世界中で近年稀に見る自然災害において、海・山と自然に囲まれた愛媛でも南海トラフ大地震をはじめとする大規模自然災害に備え、被害の拡大や二次災害を未然に防ぐために、「自然災害は他人事ではなく、いつかくる」という意識を醸成し、地域ぐるみでお互いが助け合い、いたわり合う精神を培うことで、地域の団結力を高めます。そして、愛する家族・郷土を守り、発展につなげるために、人と向き合い助け合うことのできる、郷土愛あふれる人材を育成します。さらに、地域住民一人一人の防災意識を高め、自発的に防災・災害支援を行うために、関係機関と連携しながら防災を学び、地域住民の生き抜く力を向上させます。また、迅速かつ無駄のない地域支援の輪を構築するために、地域の人々が交流する場を提供し、地域のネットワークを強化します。

災害大国であることを自覚し、災害に備える人々が手を取り結束し、助け合い、一人一人が地域の防災能力を高め、災害を乗り越える力を復興から発展につなげ、活気に満ちた魅力溢れる地域を創造します。

事業計画

  1. 誰でも簡単に災害を学びつつ、個々の能力と心を一つに合わせ、災害に備える事業
  2. 会員「大」拡大
  3. 理事長が指定する事業及び外部団体への協力