宇和島青年会議所とは?

未来の可能性開拓委員会 事業計画

『君の未来は。』

未来の可能性開拓委員会 委員長  小島 大資

「自分のやりたいこと」を仕事に望む若者は多いのですが、実際には仕事に魅力を感じられていない若者が多く、「仕事は収入を得るためのもの」と考えて就職をしているのが現状となっており、やり甲斐や夢をもって働けるような魅力的な仕事と出会うことが、若者達のQOLの向上へと繋がります。さらに今後人生100年時代を迎え、将来の不安を抱えながら生活していかなければならない現在の若者が、夢や希望をもって生きていけるよう、自分達の手で可能性を切り拓いていく力を身につけることも必要です。

まずは、仕事に対しての先入観を変え視野を広げるため、職業の多様性や各職業の業務内容等に対する知識を与えます。そして、将来、仕事を継続していくことや収入に対して不安を感じた際、より魅力的な仕事を自分の力で見つけるため、自分の強みや関心事を仕事にできるという考え方を学びます。さらに、これらの知識や考え方を自身に投影し、自らの可能性を開拓していくため、自身の夢や将来について考える機会を与えます。また、開拓した自らの可能性を未来に向かってもち続けるため、自分の強みや夢を他者と共有して認め合い自己肯定感を高めてもらいます。

わんぱく相撲は、子供達にスポーツの機会を与え、心身の鍛錬と健康の増進を目的として43年間開催されています。出場者約4万人の中、宇和島場所からは2年連続全国大会優勝者を輩出している注目すべき大会です。地元に誇りが持てる大会を継続して行っていくことは、選手のみならずこの地域に住む若者が愛郷心を育むことができる貴重な機会となるため、相撲協会の方々と協力し、参加者増加に向け創意工夫をしていきます。

愛郷心をもち、未来の可能性を秘めた若者達が仕事に対して夢ややりがいをもち続けながら人生を歩むことは、個人のQOL向上だけでなく、その若者達が地域で活躍することで、より明るく豊かな社会を築き上げていきます。

事業計画

  1. 青少年を対象に可能性を切り拓くための事業・対外への情報発信
  2. 会員の資質向上、変化できるリーダーの育成
  3. わんぱく相撲宇和島場所の開催
  4. 共に成長する仲間の発掘
  5. 理事長が指定する事業及び外部団体への協力